MINDTRIVE BLOG SHOPS

marka 14ss  Hooded Award Jacket

 

 

全国何所でも境遇はあまり変わらないと思いますが

 

日中の気温の高さに少なからず心躍る最近。

 

夜になって春夏もののジャケット、羽織りで外出した

ことを後悔する最近。

 

京都は特に寒く感じます。他所者には特に。

たまに命の危機を察します。個人的に。

 

というわけで

 

シーズンの捉え方が難しい昨今

お薦めのジャケットをピックアップしました。

 

RIMG2122

marka

hooded award jacket

Black

size / 2

¥50,400 (税率5%)

 

裾と袖のリブが、ホワイトの切り返しでスポーティー且つ

メリハリをだしてくれるデザイン。

 

表地は60/40クロスという生地でコットンとナイロンです。

作られた当時はマウンテンパーカーを中心に採用されたらしいです。

ナイロンより摩擦に滅法強く、コットンより通気性良く

コットンが水を吸い込むと素材が膨張するので、防水に近い機能も

あるそうです。

まとめますと多機能です。

 

裏地はまだら模様のパイル地です。コットンですが肌触りは良く

保温も備わってます。

 

RIMG2125

 

RIMG2126

 

RIMG2127

 

 

見た目はアウトドアテイストでもありそうなイメージですが

結構なタイトシルエットで、スリムタイプはもちろんワイドタイプの

パンツとも相性良いです。

 

シーズンの合間に着る服は大概、着用期間が短いと思われがちですが

その分、秋も翌年も確実に使えます。

確かに最近は、春と秋がないのも当たり前な感じですが

それでも気温、天候に対して配慮が必要なのは変わりないと思ったり思わなかったり。

 

そんな時に、オシャレに活躍できる一着を備えるのもいかがでしょうか。

 

 

以上、ご参考までに。

 

中野